かばん通販 激安 サッカー ユニフォーム

ちょっぴり小町家♪

チワワ2ぴきとインコとハンドメイド・・「ふつう」な日常を「ちょっぴり」
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP乙女:肥満細胞腫 ≫ ステロイド離脱と2ヶ月検診。

ステロイド離脱と2ヶ月検診。

乙女チャンの「肥満細胞腫」 術後2ヶ月検診。

再発なし!!

先月、ちょこっと気になってたポチ、傷あとだったようで、消えました~♪

かなりホッとしてます。


乙女チャン、先週でステロイド治療を終えまして。

1週間のステロイド離脱期間を経て、本日より通常治療(?)になりました。


思ったよりもステロイド治療が短くてヨカッタ・・・。


これからのお薬は(名前・・聞いたのに忘れた・・・「ピオなんとか」)
いわゆる非ステロイド系消炎鎮痛薬ですね。

副作用があるんです。

胃腸に負担がかかるんだそうで、吐いたり、お腹がゆるくなったり。

で。
一緒に胃腸薬(吐き止め)も処方されました。

夜ゴハンと一緒に治療薬。

寝る前に吐き止め。

100円ショップで買った注射器?で、お口にチューっとね。
121206b
お水で溶くのにお猪口がサイズぴったり^^

乙女チャン、器具を怖がるもんだから大騒ぎですよ・・・。


つーか・・・・もう元気で元気で嬉しいったら。

吐く気配もまったく・・・なし。
121206a
小町サンは迷惑そうですが・・・ね。


小町サンも、すっかりさっぱり元気です!

お薬・・・効くのねぇ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り犬用品・グッズへ
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
乙女チャン、よかった~(´∀`)
ここのところ、気になってました。
ほんのちょっとでも、赤いところや傷っぽいのがあるだけでも、本当に心配ですもんね。
ウチのマルくんも、しこりではないけれど、手術したところの近くで内出血したところのお肉に妙な厚みでていて心配だったんですが、先週それもすっかり消えホッとしてます。
お医者様や、症状などによって、治療の仕方や投薬の選び方も違うんだなぁ~。
マルも肥満細胞腫そのものへのお薬は、あと3日ほどで一旦終了。
自然療法だけに切り替えることになりました。
漢方薬と、サプリメント系のもの2種と、ホメオパシーのお薬での治療で、あとは食事を「バーフダイエット」という生肉食系メインに移行しているところです。
いっとき、いろいろ調べすぎて頭が「アホー」になりそうでしたが、まずは病院での治療方針と一貫性をもってできることをやりつくす!ようにしています。
ともあれ、乙女チャンも、小町サンも元気でホッとしました。

2012年12月07日(Fri) 17:33
カマトト様
編集
ありがとうございます^^
マルちゃんも元気そうで嬉しいです~。

そうですね。
同じ病気でも、獣医の方針だったり、その他いろいろで
薬の種類も治療法も違うんですよね。
ワタシもいろいろ狂ったように調べましたが
乙女チャン、再発の可能性が高いらしいので(リンパ節のすぐ近くに出来ちゃったのでね)
結局は先生の方針に従う事にしました。
ウルサイくらい色々質問して、納得して・・って感じです。

今は、飼い主の選択が間違ってないことを願うばかりです^^;
2012年12月12日(Wed) 23:24












非公開コメントにする